• ホーム
  • 陰部の摩擦や血管年齢が原因のEDにはシアリスを使おう

陰部の摩擦や血管年齢が原因のEDにはシアリスを使おう

血管年齢が問題となり発症する病気は、血液の流れを阻害する事から、陰茎部分の機能にも影響を及ぼします。
この特定の部位に血液が上手く流れないと、勃起不全の原因の一つとなってしまうのです。
この血管の壁が厚くなる動脈硬化は、血流を妨げ、血圧などにも変化を与えるので、勃起の機能の不具合だけではなく、心筋梗塞や高血圧の症状なども引き起こす要素です。

血管は加齢とともに硬くなる傾向があります。
これはり内壁に様々な物質が堆積するためで、血管が狭くなる要因となるのです。
とりわけ、この血管年齢は生活習慣に大きく関係する事が知られており、肥満体質の方に多く見受けられます。
さらに、喫煙の習慣などがある方の場合は、血液の正常な流れが阻害されやすくなることから、勃起不全になる確率も高くなり、心筋梗塞や脳梗塞などの可能性も高まってしまうのです。

シアリスは、この勃起の不具合が原因となる血管年齢の問題を、血流の向上によって改善します。
とりわけ、シアリスの場合は陰部への血流向上の効果が高い薬剤とされ、勃起不全の改善に非常に役立つものです。

また、性行為の際に過剰な緊張状態が原因となり、勃起不全の症状が出てしまうケースでは、そのほかの薬剤を併用する事も効果的な手法です。
このような精神の安定化を図る薬剤を服用する際には、シアリスとの併用の心配をしなければなりませんが、前もって医師に相談しておく事で、この薬剤の併用の問題も解消できます。

また、陰茎部分の感度が低下している方の場合は、この部位の摩擦に敏感になる薬剤などを併用する事もポイントです。
この摩擦による刺激に適度に敏感になることで、勃起もしやすくなり、性交をより楽しむ事が出来るようになるのです。

関連記事